白血病タイピング検査概論

8-7. 症例7

[FAB] ALL:L3 [WHO] Burkitt Lymphma/Leukemia

CBC
WBC 12,000 /μL
RBC 389 万/μL
Hb 9.6 g/dL
Ht 28.8 %
MCV 74.0 fL
MCHC 33.3 %
Plt 6.1 万/μL
Retic 0.4 %



Cytogenetics
46XY,t(8;14)(q24;q32)
Myc-IgH gene(+)


Immnophenotype
CD10/19/20/22/
HLA-DR/38
s-Ig:IgM/IgDdim+/k-chain
白血球分画
Blast  
Pro My  
My 2.0 %
Meta 6.0 %
Band 12.0 %
Seg 18.0 %
Ly 30.0 %
A-Ly 1.0 %
Mo 6.0 %
Eosino 3.0 %
Baso 1.0 %
Other 21.0 %*
備考 *核小体(+)
核網粗剛
骨髄像(BM)
Blast  
Pro My 0.2 %
My 3.8 %
Meta 1.6 %
Band 1.4 %
Seg 4.6 %
Eosino 1.0 %
Baso  
Ly 3.8 %
A-Ly  
Mo 0.4 %
Plasma  
Reticul 0.2 %
EB-Pro  
EB-Baso  
EB-Poly 7.2 %
EB-Ortho  
Mitosis 75.6 %*
備考 *空胞(+)




症例7.コメント:
形態学的診断として、POX陰性の急性白血病で、空胞変性が特徴的なので、ALL:L3またはBurkitt Lymphoma/leukemiaが疑 われるが、細胞表面マーカーによる免疫表現型の診断が必須である。免疫表現型は、B-lymphoid系マーカーのCD19・CD20・ CD22・HLA-DRが陽性で、汎幹細胞系マーカーのCD34は陰性であるが、lymphoid系幹細胞系マーカーのCD10が陽性で、かつ、 細胞表面免疫グロブリン(IgM+/IgDdim+/κ-chain)が、陽性であった。myeloid系マーカーとT-lymphoid系マーカーは陰性で あった。Mature B-cell neoplasmaの中のBurkitt Lymphoma/leukemiaと診断可能である。細胞内cyCD3/ cyMPO/cyCD79aは施行していない。