白血病タイピング検査概論

8-6. 症例6

[FAB] ALL:L1 [WHO] Precursor B lymphoblastic leukemia

CBC
WBC 5,600 /μL
RBC 296 万/μL
Hb 8.1 g/dL
Ht 23.9 %
MCV 81.0 fL
MCHC 33.9 %
Plt 2.0 万/μL
Retic 0.3 %



Cytogenetics
53XY,+5,+6,+7,+Sp,
+18,
der t(1;19)(q23;p13),+2mar


Immnophenotype
CD10dim+/19/22dim+/
HLA-DR/38
s-Ig:negative
白血球分画
Blast 36.0 %
Pro My  
My  
Meta  
Band 1.0 %
Seg 5.0 %
Ly 58.0 %
A-Ly  
Mo  
Eosino  
Baso  
Other  
NRBC/
100WBC
2/100
備考  
骨髄像(BM)
Blast 98.4 %
Pro My  
My  
Meta  
Band  
Seg 0.4 %
Eosino  
Baso  
Ly 1.2 %
A-Ly  
Mo  
Plasma  
Reticul  
EB-Pro  
EB-Baso  
EB-Poly  
EB-Ortho  
Mitosis  
備考  




症例6.コメント:
形態学的診断として、POX陰性の急性白血病で、ALLが疑われるが、細胞表面マーカーによる免疫表現型の診断が必須である。 免疫表現型は、B-lymphoid系マーカーのCD19・CD22・HLA-DRが陽性で、汎幹細胞系マーカーのCD34は陰性であるが、lymphoid 系幹細胞系マーカーのCD10が陽性で、B-ALL, common-B or pre-B typeと診断可能である。myeloid系マーカーとTlymphoid 系マーカーは陰性であったので、ALL:L1 by FAB, Precursor B-lymphoblastic leukemia by WHOと診断された。 念のため施行した細胞表面免疫グロブリンは陰性であった。細胞内cyCD3/cyMPO/cyCD79aを施行し、2系統以上の免疫表 現型(biphenotypic)の可能性を否定することも大切である。