白血病タイピング検査概論

8-2. 症例2

[FAB] AML:M2 [WHO]AML with maturation

CBC
WBC 8,000 /μL
RBC 407 万/μL
Hb 12.5 g/dL
Ht 35.2 %
MCV 87.0 fL
MCHC 35.5 %
Plt 7.7 万/μL
Retic 1.1 %



Cytogenetics
46XY


Immnophenotype
CD19/7/13/33/
HLA-DR/38
一部にCD34
白血球分画
Blast 71 %*
Pro My  
My  
Meta  
Band  
Seg 15.0 %
Ly 13.0 %
A-Ly  
Mo  
Eosino 1.0 %
Baso  
Other  
備考 *アウエル小体含む
骨髄像(BM)
Blast 76.2 %*
Pro My 1.0 %
My 6.0 %
Meta 1.8 %
Band 0.2 %
Seg 2.8 %
Eosino 3.6 %
Baso  
Ly 3.8 %
A-Ly  
Mo 3.2 %
Plasma 0.4 %
Reticul  
EB-Pro  
EB-Baso 0.8 %
EB-Poly  
EB-Ortho  
Mitosis 0.2 %
備考 *アウエル小体含む
*POX(+) 98.0%


症例2.コメント:
形態学的診断によりAML:M2 by FAB, AML with maturation by WHOの診断は可能である。免疫表現型は、myeloid系マー カーのCD13・CD33・HLA-DRが陽性で、幹細胞系マーカーのCD34は20%に陽性で、myeloblastにcompatibleである。 Aberrant markerとしてCD7とCD19が陽性であるのが特徴である。CD7/CD33やCD13/CD19のtwo-color解析をMRD の検出に用いることが可能である。myeloid系マーカーにAberrant markerとしてCD19が陽性のときは、AML:M2 by FAB, AML with t(8;21)(q22;q22), (AML1/ETO)by WHOか否かの診断が大切である。本症例はCD7'も陽性であること、 CD34陽性のblastが少数であることより、AML with t(8;21)の可能性は低いと考えられた。染色体の結果、正常核型であった。