研究のためのフローサイトメトリー

Ⅰ. 各種溶血手順フローチャート(ヒト全血)

2. Wash

2. Wash(1)

注1)いずれの抗体のタイプでも使用できます
注2)イムノプレップ及びOptiLyseB、 Cによる溶血では、いずれも細胞の固定が行われます。
注3)VersaLyse 溶血試薬による溶血で溶血固定を同時に行う場合は、別途 IOTest 3 固定試薬を
ご用意ください。

  イムノプレップ&
TQ-Prep 変法
(Wash)
全血ライジング
キット
OptiLyse B
(Wash)
OptiLyse C
(Wash)
抗体の反応 抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
室温15~30分 室温15~30分 室温15~30分 室温15~30分
洗浄 PBS 2~3mL添加
400×g、5分
溶血 TQ-Prepにて
溶血、固定処理
1mL(原液を25倍希釈) 溶血剤 100μL 溶血剤 500μL
30秒~2分室温放置 10分室温放置 10分室温放置
反応停止 フィクサティブ250μL 蒸留水 1mL
(10分放置)
PBS 500μL
(15分放置)
PBSで洗浄 PBS 2mL
400~450×g、5分
PBSで洗浄 PBS 2mL PBS 2mL PBS 2mL PBS 2mL
400~450×g、5分 400~450×g、5分 400~450×g、5分 400~450×g、5分
再浮遊 PBS 500μL PBS 500μL PBS 500μL PBS 500μL
測定 2~8℃で保存
(24時間以内)
2~8℃で保存
(24時間以内)
2~8℃で保存
(24時間以内)
2~8℃で保存
(24時間以内)
(保存時間)

10倍希釈 IOtest 3 固定試薬または0.5%パラホルムアルデヒド溶液に再浮遊した場合。
IOTest 3 固定試薬(製造番号A07800)は8%ホルムアルデヒド溶液です。使用時に10~20倍希釈してご使用ください。



2. Wash(2)

注1)いずれの抗体のタイプでも使用できます
注2)イムノプレップ及びOptiLyseによる溶血では、いずれも細胞の固定が行われます。
注3)VersaLyse 溶血試薬による溶血で溶血固定を同時に行う場合は、別途IOTest 3 固定試薬を
ご用意ください。

  VersaLyse 溶血試薬 IOTest溶血試薬(塩化アンモニウム溶血試薬)
固定なし 固定あり 固定なし 固定あり
抗体の反応 抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
抗体規定量

ヒト全血100μL
室温15~30分 室温15~30分 室温15~30分 室温15~30分
溶血 溶血剤1mL 溶血固定液注3)1mL
(VersaLyse:IOTest 3 
固定試薬 =1mL:25μL)
溶血剤 2mL 溶血剤 2mL
10分室温放置 10分室温放置 10分室温放置 10分室温放置
PBSで洗浄 PBS 2mL PBS 2mL PBS 2mL PBS 2mL
400~450×g、5分 400~450×g、5分 400~450×g、5分 400~450×g、5分
10倍希釈IOTest 3 固定
試薬500μL
または
0.5%パラホルムアルデ
ヒド加 PBS 500μL
10倍希釈IOTest 3 固定
試薬500μL
または
0.5%パラホルムアルデ
ヒド加 PBS 500μL
再浮遊 PBS 500μL PBS 500μL
測定 2~8℃で保存
(1時間以内)
2~8℃で保存
(24時間以内)
2~8℃で保存
(1時間以内)
2~8℃で保存
(24時間以内)
(保存時間)

10倍希釈 IOtest 3 固定試薬または0.5%パラホルムアルデヒド溶液に再浮遊した場合。
IOTest 3 固定試薬(製造番号A07800)は8%ホルムアルデヒド溶液です。使用時に10~20倍希釈してご使用ください。