アプリケーションノート

8:細胞内サイトカインの測定

生体内では細胞の分化、増殖および恒常性を維持するために、細胞同士が様々な情報を交換しています。サイトカインはその細胞間情報伝達物質(液性因子)として、免疫 反応において中心的な役割を担っています。
従来、細胞のサイトカイン産生の観察は、細胞培養上清中に含まれる(細胞外に分泌された)サイトカインの測定が一般的に用いられてきましたが、近年ではフローサイトメーター(FCM)を用いて細胞内のサイトカインを簡単に測定することが可能になりました。FCMでは、分泌される前の"細胞内サイトカイン"を検出することで、個々の細胞のサイトカイン産生を測定することができます。
細胞内サイトカインの測定には、簡便で細胞への影響の少ない細胞膜透過処理試薬 IntraPrep「(製品番号A07802、A07803)」と、弊社の各種細胞内サイトカイン抗体をお勧めいたします。さらに細胞表面に対する抗体を組み合わせることにより、特定の細胞が産生するサイトカインを検出することもできます。
ここでは、細胞刺激によるサイトカイン産生およびFCMを用いた細胞内サイトカイン 測定・解析方法をご紹介いたします。

アプリケーションノートダウンロード







一覧へ戻る