アプリケーションノート

33:DxFLEX コンパクトクリニカルフローサイトメーターとFlow-Countを用いた絶対数測定

従来、フローサイトメトリー(FCM)の使用目的は、細胞集団の中のあるポピュレーションの割合(陽性率)を調べることが中心でした。しかし今日、造血幹細胞、残存白血球、CD4陽性T細胞数の測定といったポピュレーションの割合と同時に、その細胞数(絶対数)の測定を必要とするアプリケーションが要求されてきています。
Flow-Count 標準粒子は、フローサイトメーターで絶対数測定をするための蛍光粒子浮遊液です。 各蛍光標準粒子は、488 nmで励起したときに525~700 nmの蛍光を発する色素が含まれています。サイズや蛍光強度が均一で、粒子濃度が検定されており絶対数の直接測定が可能です。

アプリケーションノートダウンロード







一覧へ戻る