アプリケーションノート

15:抗原特異的T細胞のマルチカラーアッセイ (5カラーMHCテトラマーアッセイ)

MHCテトラマーとは

T細胞は、細胞表面のT細胞レセプタとCD3分子の複合体(TCR/CD3)を介して抗原を認識し、活性化して様々な免疫応答を惹起しています。通常の細胞表面マーカー分析では、T細胞に特異的な分化抗原を指標にT細胞サブセットを機能的に分類、定量できますが、そのT細胞の認識抗原を知ることはできません。

T細胞レセプタ(TCR)は可溶性の抗原分子には直接結合せず、抗原提示細胞(APC)や細胞障害標的細胞(Target cell)のMHC分子と抗原ペプチドの複合体を認識しています。CD4陽性のT細胞は、APCに発現するMHC class-II(ヒトの場合HLA-D/DR)分子と外来抗原ペプチドの複合体を、CD8陽性のT細胞は、APCやTarget cellに発現するMHC class-I(ヒトの場合HLA-A/B/C)分子と内在性抗原ペプチドの複合体をそれぞれ認識しています。 したがって、MHC/抗原ペプチド複合体をプローブとして、特定の抗原に特異的なT細胞を検出することが理論的に可能です。TCRとの高い結合アビディティーを得るためにMHC/抗原ペプチド複合体をビオチン-ストレプトアビジン法で4量体化したMHCテトラマー(MHC Tetramer)が開発され1)、一部のMHCアレルでは蛍光標識した高品質のテトラマー試薬が製品化されています*1。

感染症やがん免疫、移植免疫などの研究では、細胞障害性T細胞(CTL)の動態やその機能の解析は有用な情報をもたらします。MHCテトラマーと各種のCD/non-CDモノクローナル抗体を組み合わせたマルチカラー分析は、従来の方法では得ることのできなかった抗原特異的T細胞に限定したサブセットの機能解析を可能にします。 本編では、Cytomics FC500フローサイトメーターを用いた5カラーのMHCテトラマー分析例をご紹介します。

アプリケーションノートダウンロード







一覧へ戻る