アプリケーションノート

11:Stem-Kitを用いたCD34+造血幹細胞絶対数測定

末梢血幹細胞移植(PBSCT)において、CD34陽性細胞数は、比較的簡便に測定しうることから、造血幹細胞/前駆細胞数の指標としてよく用いられています。移植細胞中の造血幹細胞/前駆細胞の数は、移植の成否に直接関わるため、CD34陽性細胞数を正確に知ることは臨床的にも重要であり、測定試薬のキット化や、関連学会(国際血液療法・移植学会-ISHAGE、現ISCT)のガイドラインを代表とする標準化など、測定値の施設間差の解消に向けた努力がなされています。
ベックマン・コールター社のStem-Kitは、造血幹細胞測定をするための試薬 (CD34抗体、CD45抗体、生死判別試薬
7-AAD、内部標準ビーズ)と、ISCTガイドラインで推奨されている多段階階層化ゲーティング法に加えて、独自に開発したStem-Trol(CD34陽性コントロール細胞)を用いて機器設定や試薬・操作上のトラブルをチェックすることにより精度管理も万全に行えます。 さらに同サンプルを2回分測定できる量の試薬がセットされており、重複測定による精密なデータを得ることができます。

アプリケーションノートダウンロード


参考:臍帯血と幹細胞移植

臍帯(へその緒)は造血幹細胞を豊富に含み、白血病や再生不良性貧血の治療に用いられる。臍帯血移植は、国内では1994年に東海大学付属病院が最初に実施したとされる。採取できる幹細胞の量は限られるが、ドナー(細胞提供者)の負担がほとんどなく、HLAが完全に一致しなくても、移植できる(2座不一致でも可能)。1995年以降、採取した臍帯血を保存し、移植を待つ患者に斡旋する臍帯血バンクが各地に設立され、現在は11バンクが活動している。1999年には、全国のバンクの情報を一元管理する日本さい帯血バンクネットワークもスタートした。2007年までに臍帯血移植は約4300例が実施されたが、採取できる医療機関はわずか100余り。現在、保存されている臍帯血は、3万本。胎盤が出てくる前に、へその緒の静脈に針を刺しバッグに採取して、3分間ほどで完了する。バンクにて検査をして精製した後、液体窒素でマイナス196度にて半永久的に保存される。CD34陽性の造血幹細胞数が基準で8億個以上必要である。10億個以上あれば、大人にも処置することができる。足りない場合は、研究に使用される。
一方、骨髄バンクのドナー登録者数は30万人に到達した。理論的には、9割の患者のHLAに適合するという。しかし、骨髄穿刺などドナーに負担の多い骨髄移植は、健康上や都合がつかないといったドナー側の理由で、約半数近くが中断される。近年、ドナーの負担の少ない末梢血幹細胞移植(PBSCT)が開発されたが、事前に造血幹細胞の増殖(動員)を促す製剤の安全性などの問題で、血縁者間または自己(患者)のみに行われている。
2007年の国内での骨髄移植実施数は、約1000例あり、臍帯血移植実施数は、急速に伸ばして約800例である。
ベックマン・コールターは、国際細胞療法学会ISCTのCD34陽性細胞数測定ガイドラインに準拠した世界で初めての造血幹細胞数測定キットstem Kitを10年前に開発し、造血幹細胞移植の大切な検査の啓蒙や実施に長年貢献している。

donorsnet 骨髄バンク、ドナー登録はこちら

骨髄バンク、ドナー登録はこちら



一覧へ戻る