サイトメトリーとは

1. はじめに


Flow Cytometory
フローサイトメトリーデータ


Quantitative Imaging Cytometry
定量イメージングサイトメトリー データ

サイトメトリー(Cytometry)とは、短時間(数秒から数分)に多量(数千個から数百万個)の細胞を1個ずつ定量測定する統計的精度の高い細胞測定法です。 その測定装置をサイトメーター(Cytometer)と呼びます。光や光センサーなどを用いて、細胞を観察し、細胞ごとの複数の測定情報から相関解析と 統計解析を行います。 さらに、細胞を分取することも可能です。

サイトメトリーを大別すると、フローサイトメトリー(FCM)とイメージングサイトメトリー(ICM)に分けられます。懸濁させた細胞を、シース流を用いて、1個ずつセンシングゾーンに細胞を導き、高速で散乱光と蛍光などを測定するフローサイトメトリー(Flow Cytometry)と、マルチウェルプレートやスライドグラス上の付着した細胞集団などを、レーザー走査して蛍光イメージや散乱光、透過光イメージを取得し、細胞画像処理にて、1個の細胞ごとの情報を抽出するイメージングサイトメトリー(Imaging Cytometry)があります。シース流を用いて,細胞集団を撮影するストップフロー方式イメージングサイトメトリーが、両方の中間に位置します。

ベックマン・コールターは、1953年に世界で初めて、フローサイトメトリーを開発しました。細胞を測り続けて50年以上の実績を持つ私たちが、あなたを細胞分析の世界にいざないます。