検査室のためのFCM検査の基礎

Ⅲ. リンパ球は1種類ではない

リンパ球は免疫系の中心に位置する非常に重要な細胞ですが、実はリンパ球の中にもさらに機能の異なるさまざまな細胞があります。代表的なものとしてT細胞、B細胞およびNK細胞がありますが、これらの細胞が持つ機能はすべて免疫系に関係したものです。

一方、白血球は大きく5つに分類され、コールター血球計数装置で測定することができます。ところが、先に紹介したようなリンパ球の詳細な分類を行うことはできません。こうした詳細な分類は、次章で説明する肉眼では見えない細胞表面の目印をフローサイトメーターとモノクローナル抗体の力で測定して行うことになります。

白血球

リンパ球を機能面から細かく分けた亜集団を、リンパ球サブセットと呼びます。例えば、リンパ球サブセットの1つにT細胞やB細胞があります。このサブセットという言い方は、リンパ球だけでなく、単球や樹状細胞など、他の細胞に対して用いられることもあります。 例)単球サブセット、樹状細胞サブセットなど