キット製品

CD34+造血幹細胞数測定キット

製品写真Stem-Kitは、ヒト末梢血、骨髄、新鮮及び凍結融解したアフェレーシス検体及びさい帯血中のCD34陽性細胞絶対数の測定に使用できます。非常に少ないCD34陽性細胞を正確に分析するために、ISCT(旧ISHAGE)ガイドラインで推奨されている、多段階階層化ゲーティング法に対応しています。
このキットには、抗体試薬、溶血試薬をはじめ、測定に必要なすべての試薬が含まれています。陰性コントロール抗体として、PE標識CD34抗体に過剰量の未標識CD34抗体を加えたCD34-アイソクロニック・コントロールを用いており、「CD34陽性」領域に混入する非特異的蛍光イベントを厳密に除外できます。Stem-Kitでは、Stem-CountによりCD34陽性細胞絶対数の直接測定もできます。COULTER Stem-Trolコントロール細胞は、CD34とCD45の陽性コントロール細胞で、添加回収法により、CD34陽性細胞絶対数測定の正確性の確認に利用できます。

A15573構成内容:
 IM3630 Stem-Kit Enumeration kit ×1
 IM3632 Stem-Trol ×2

【サンプル調製動画】

試薬 構成 容量 製品番号 価格 データシート

IM3630 ×1

      1. CD45-FITC / CD34-PE

      2. CD45-FITC / Isoclonic
TM
      Control-PE

      3. Stem-Count Fluorospheres

      4. Ammonium Chloride Lysing Solution, 10× concentrated

    5. 7-AAD Viability Dye


1バイアル
1バイアル
1バイアル
2バイアル
1バイアル
50検体 A15573 ¥99,800 データシート

IM3632 ×2

Stem-Trol

    データシート

データ解析例1 データ解析例2
●Stem-Kitと7-AAD Viability Dyeを用いてサンプル調製し、Stem ONE ソフトウエアで解析した例

関連コンテンツ

  1. アプリケーションノート(StemKitを用いたCD34+造血幹細胞絶対数測定)
  2. CD34陽性造血幹細胞における生細胞率の解析プロトコルダウンロード
  3. Webセミナー(初心者から始めるCD34陽性造血幹細胞測定1 -ガイドラインとサンプル調製のポイント-)
  4. Webセミナー(初心者から始めるCD34陽性造血幹細胞測定2 -データ解析のポイント-)