細胞内シグナル伝達関連抗体

ZAP-70

Zap-70は、T細胞とNK細胞に発現するSykファミリーのタンパクチロシンキナーゼで、T細胞レセプター(TCR)を介したT細胞の活性化に重要な役割を担っています。TCR結合に引き続き、Zap-70の複数のチロシン残基が速やかにリン酸化されますが、これには自己リン酸化とSrcファミリーのチロシンキナーゼ Lckによるリン酸転移の2つの機序が考えられます。Zap-70のチロシンリン酸化は、キナーゼ活性の増大と相関し、下流へのシグナル伝達に関係しています。慢性リンパ性白血病(CLL)患者では、Zap-70の発現と疾病の増悪及び生存との間に相関性がみられています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格
C
SBZAP
(IgG1 マウス)
精製 50テスト 液状 - FCM B10739 ¥79,000
PE 100テスト 液状 IOTest FCM B57658 ¥79,000

モノクローナル抗体SBZAPは、ヒトZAP-70のアミノ酸残基280-309に相当するKLHペプチド配列を基に作成されています。

正常末梢血(全血法)

正常全血サンプル