溶血試薬および細胞しょ

膜透過処理試薬

IntraPrepTM 細胞膜透過処理試薬(イントラプレップ;細胞内抗原染色用)

IntraPrepは、ホルムアルデヒド/サポニン膜透過処理法により白血球の細胞内抗原をフローサイトメトリーで検出するための前処理試薬のセットです。

  容量 製品番号 価格 データシート
1. Fixation
2. Permeabilization
50テスト A07802
(旧IM2388)
¥12,000 データシート
1. Fixation
2. Permeabilization
150テスト A07803
(旧IM2389)
¥25,000 データシート

IntraPrepは、全血検体で検出しうる細胞質内および核内抗原の大部分に使用できます。この試薬は、細胞全体の形態に大きな変化を及ぼすことなく、細胞膜に穴を開けます。したがって、フローサイトメトリーでの散乱光特性には影響がありません。
IntraPrepは2種類の試薬で構成されており、どちらもそのまま使用できます。標準的な使用法では、Reagent1で細胞を固定し、Reagent2で白血球の膜透過処理とともに、赤血球を溶血します。試薬の組成は、抗体の非特異的反応を防ぐように最適化されています。
IntraPrepは、細胞表面抗原と細胞質内抗原の同時検出にも使用できます。

各溶血試薬の標準的な使用方法における特徴はこちら      アプリケーションノート8.細胞内サイトカインの測定はこちら