ヒト抗原に対する抗体(non-CD抗体)

Ki67

Ki-67は細胞増殖と関連した核抗原であり、細胞周期(G1、S、G2、M期)の至るところで見出されますが、 休止(G0)細胞では発現されません。Ki-67抗原は、Ki-67クローンによるモノクローナル抗体との反応性によって定義されるヒト核タンパク質です。
cD N A配列コーディングによって、345および395k D aの2つのアイソフォームが同定されています。 Ki-67抗原の推論されたアミノ酸配列分析は、cDNAが、既知の配列と有意な相同性をもたずに核と短命のタンパク質をコードすることを確認しています。Ki-67抗原は、細胞周期の活性相(G1、S、G2およびM期)で発現しますが、休止細胞(G0期)では存在しません。Ki-67抗原の発現レベルは、細胞周期中に変化し、いくつかの細胞経路に関連しています:Ki-67減少経路は、Ki-67染色が減少することを特徴とし、最終的に活性細胞周期から抜け出ます。この経路上の細胞が増殖因子によって刺激されると、細胞をS期に戻すKi-67増加経路に入ることができます。
Ki-67安定経路に続く細胞は、G1期中に一定強度のKi-67染色を示します。この経路は、最適な局所成長条件に対応すると考えられています。 Ki-67タンパク質の細胞局在は、細胞周期の相に依存しています。中間期の間は、抗原は核内で検出されますが、M期では、タンパク質のほとんどが染色体の表面に再配置されます。 細胞が非増殖状態になると、抗原は急速に分解されます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート

Ki-67
(IgG1マウス)
Alexa Fluor 488 0.5 mL 液状 IOTest FCM B68180 ¥54,000 データシート