ヒト抗原に対する抗体(non-CD抗体)

インターロイキン-2IL-2

インターロイキン-2(IL-2)は、T細胞によって産出・分泌される分子量15-17kDaのサイトカインです。IL-2分泌の誘導はT細胞活性化の最初のステップです。IL-2は、活性化T細胞の主要な自己分泌増殖因子であり、細胞障害性T細胞の発生にも必須です。IL-2は、NK前駆細胞、B細胞、単球の増殖・分化も促進します。Th1フェノタイプの活性化CD4+T細胞は、主としてIL-2及びインターフェロンγを産生しますが、Th2フェノタイプのCD4+T細胞は、主にIL-4及びIL-10を産出します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
Ci
N7.48A
(IgG2aマウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM2718U ¥59,000 データシート
IntraPrepで膜透過処理した活性化未梢血リンパ球。IM1281およびIM2718Uで二重染色。

活性化させた末梢血リンパ球(PBL)

PE標識N7.48A抗体は、IntraPrep試薬で膜透過処理を施した刺激末梢血単核細胞(PBMC)の細胞内IL-2のフローサイトメトリー分析に最適化されています。