ヒト抗原に対する抗体(non-CD抗体)

Granzyme B

グランザイムB(GrB)は、一本鎖および単一ドメインのセリンプロテアーゼであり、キモトリプシンスーパーファミリーのメンバーです。GrBは不活性なpreproenzymeとして合成され、proGrBとして小胞体(ER)に輸送されます。 マンノース-6-リン酸(M6P)基で共有結合的に修飾されたproGrBは、ER由来の小胞内でゴルジ装置(GA)へ輸送されます。分泌顆粒内で、グランザイムは、プロテオグリカン・セルグリシン(SG)を含有するコンドロイチン硫酸と関連して貯蔵されます。 GrB分子は単独で高い正の表面電荷を有するが、GrBがSGに結合する際に、その電荷は中和されます。
新たに合成されたGrBは、不均一にグリコシル化されており、成熟酵素は2つの潜在的グリコシル化部位を有します。 GrBグリコシル化のプロセスは、GrBの32kDaグリコシル化型と35kDaグリコシル化型の両方を生成させます。 32kDaのGrB型は、高マンノース型オリゴ糖部分を含み、T細胞受容体(TCR)刺激の後に細胞傷害性Tリンパ球(CTL)内に蓄積します。対照的に、複合オリゴ糖基のみを有する35kDaのGrB型は、CTLに貯蔵されず、TCR活性化の後に構成性カルシウム非依存性分泌経路を介して分泌されます。
GrBはCTLやNK細胞の分泌顆粒中に貯蔵されている最も豊富で穏やかなプロテアーゼです。 GrBは、形質細胞様樹状細胞によっても産生され得ます。GrB誘発の細胞死は、細胞傷害性Tリンパ球(CTL)やナチュラルキラー(NK)細胞における、同種異系、ウイルス感染および腫瘍細胞を含む有害な標的細胞を排除するための主要な機構です。このメカニズムは、直接的なタンパク質分解によるいくつかのプロアポトーシス経路の活性化を意味しています。
マンノース6-リン酸受容体は、GrBの細胞膜受容体として同定されています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート

GB11
(IgG1マウス)
FITC 1 mL 液状 IOTest FCM B46038 ¥55,000 データシート

GB11モノクローナル抗体はヒト、マウス、ラットのGranzyme Bを認識します。

溶血させた正常全血サンプル

溶血させた正常全血サンプル