ヒト抗原に対する抗体(non-CD抗体)

DNAX,KARAP,TYROBPDAP12

DAP12(DNAX activating protein of 12 kDa)抗原は、Ⅰ型膜貫通糖タンパクであり、KARAP(killer cell activating receptor-associated protein)あるいはTYROBP (tyrosine kinase binding protein)としても知られています。DAP12は染色体19q13に位置する遺伝子にエンコードされており、ITAM (immunoreceptor tyrosine-based activation motif )を一つ含んでいます。KIRs (stimulatory killer Ig-like receptors)と結合する際には、アダプター分子であるDAP12はT細胞活性化を引き起こす活性化ユニットとして機能します。DAP12によるsyk/ZAP70チロシンキナーゼの活性化は、NK細胞やT細胞の刺激に重要な役割を果たすことが知られています。一方で、FCレセプタγ鎖やCD3ζなどの他のレセプタとDAP12の結合は、T細胞免疫反応を制御する可能性も示されています。H10E12F4モノクローナル抗体は単球、好中球、樹状細胞、NK細胞、Bリンパ球を認識します。CD4,CD8 T細胞やB細胞は認識しません。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C
H10E12F4
(IgG1マウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM A78886 ¥75,000 データシート
正常末梢血(全血法)

RBL-KAR-KARAP cell line