抗ヒトCD抗体

DC-SIGNCD209

CD209抗原は、Dendritic cell(DC)-specific intracellular adhesion  molecule 3(ICAM3)-grabbing non-integrin(DC-SIGN)とも呼ばれ、糖認識ドメイン(CRD)を持つ分子量44kDaのⅡ型膜貫通C型レクチン分子です。他のC型レクチンファミリー分子と同様に、CD209分子の細胞外ドメインは、Ca2+依存性にマンノース残基を結合します。CD209分子は、DCに対してきわめて特異的で、以下のリガンドに対するレセプタ/プロセッサとして、1次免疫応答において重要な役割を担っています:ICAM-3(DC-T免疫シナプスの惹起)、ICAM-2(DCの経内皮移動)、HIV-1 gp120(HIV-1の捕獲とCD4+T細胞への提示)、CMV envelope glycoprotein B(CMVの捕獲)、未知のリガンド(Ebola virusやLeishmania無鞭毛虫の捕獲)。CD209は、ランゲルハンス細胞以外の末梢組織の未熟DCに発現しています。また、リンパ組織のDCや特定のマクロファージにも発現が認められます。末梢血では、plasmacytoid DC(PDC、DC2)の一定割合にCD209が発現しています。単球は全般にCD209陰性で、単球由来のDCでは、CD14の発現低下に相関してCD209発現が増強します。単球由来のマクロファージもCD209陽性となることがありますが、IL-13存在下で培養した場合に限られます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F
HLDA7
AZND1
(IgG1マウス)
精製 0.2mg 液状 -(azide free) A07406 ¥50,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM A07407 ¥65,000 データシート

AZND1モノクローナル抗体は、フローサイトメトリー分析や凍結切片での免疫組織染色、免疫沈降、AZND1抗体のブロッキング活性を利用した機能研究など、様々な用途に使用可能です。この抗体は、第7回HLDAにおいて、CD209に分類されています。

正常末梢血(全血法)

K562-SIGN cell line