抗ヒトCD抗体

LangerinCD207

CD207(Langerin)は、真皮や粘膜に分布する未熟樹状細胞(DC)のサブセットであるランゲルハンス細胞(LC)に選択的に発現するとされています。CD207は、主にN型糖鎖が付加した分子量40kDaのタンパクで、ジスルフィド結合を含みません。発現はランゲルハンス細胞系統に限局し、表面膜上及び細胞質内の両方に認められます。複数の研究結果から、CD207がLCフェノタイプ獲得に対して特異的なマーカーであることが示唆されています。LCの成熟に伴い、CD207発現が低下します。また、CD207は、MHC class-Ⅱ経路の抗原輸送には関与しないが、抗原の捕獲には重要である可能性が示唆されています。CD207は、表皮及び気道上皮に限局して存在します。 CD207は、末梢血、リンパ節、または胸腺から単離した 精製DCには検出されません。GM-CSF及びTNFα存在下で培養した臍帯血CD34+ 細胞より得られたCD1a+ DCでは、培養8日から12日の間にCD207が発現します。GM-CSF及びIL-4と共に培養した末梢血単球から得られたDCは、CD207を発現しません。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,Ci,F,I
HLDA7
DCGM4
(IgG1マウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM3577 ¥65,000 データシート

DCGM4抗体は、LC系統の未熟DCを染色します。細胞質内及び表面膜の両方に染色が認められます。DCGM4抗体は、CD207リガンド様の作用を示し、37℃で20分以内に急速なエンドサイトーシスを惹起します。この抗体は、共焦顕微鏡による細胞内免疫蛍光分析でも使用されています。DCGM4抗体は、血液中のCD1a+/CD11c+DCサブセットのLCへの分化や乳癌組織へのDCの浸潤を調べる目的でも使用されています。

組織反応性 皮膚、扁桃、および肺上皮
染色パターン 膜および細胞質
正常末梢血(全血法)

NIH-LG.13 cell line