抗ヒトCD抗体

MMR(マンノースレセプタ)CD206

CD206は、マクロファージマンノースレセプタ(MMR)とも呼ばれ、マルチレクチンレセプタ構造を持つ、分子量175kDaのⅠ型単鎖膜貫通糖タンパクです。CD206は、糖鎖を含むタンパクの細胞内取り込み、さらにはprocessing comporments及びpeptide loading compartmentsへの抗原輸送や濃縮に重要な役割を果たすと考えられています。CD206抗原は、当初は組織マクロファージ上に確認されましたが、未熟樹状細胞など、様々な細胞にも発現します。リンパ球と単球には発現しませんが、単球からマクロファージに分化する過程で、CD206の発現が増強します

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
B,C,F
HLDA7
3.29B1.10
(IgG1マウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM2741 ¥69,000 データシート
末梢血より比重遠心分離した単核球分画をin vitroで活性化して得られた樹状細胞をIM2741で染色。

末梢血より比重遠心分離した単核球分画を
in vitroで活性化して得られた樹状細胞を
IM2741で染色。