抗ヒトCD抗体

ALCAMCD166

CD166抗原は、Activaed leukocyte cell adhesion molecule(ALCAM)として知られているⅠ型膜貫通タンパクです。10箇所のN結合型糖鎖附加部位を含む、免疫グロブリンスーパーファミリー分子です。分子量100-105kDaで、5個の細胞外Ig様ドメインと32アミノ酸の細胞内末端、短い膜貫通領域で構成されています。CD166抗原は接着分子の一つで、CD6分子との結合、またはALCAM-ALCAMの同種結合を形成します。細胞間接着部位で、CD166分子が膜に近い3個のC2様ドメインを介してオリゴマーを形成しうることが示唆されています。CD166分子の分布には細胞系統による限定はみられず、造血系細胞、内皮細胞、胸腺皮質及び髄質の上皮細胞、骨髄の間葉系幹細胞、線維芽細胞、肝細胞など様々な細胞種に発現しています。末梢血では、活性化T及びB細胞、単球、循環樹状細胞、そして顆粒球に弱く発現しています。広範な組織分布を示す一方で、ALCAMの発現は通常は増殖や遊走に関与する細胞集団に限定されています。胸腺では、CD6+胸腺細胞や胸腺上皮細胞にCD166分子が発現することから、CD6分子との相互作用がT細胞の分化成熟に役立っていると思われます。他にも、CD166接着分子が胎児造血や血管芽細胞の分化、毛細血管形成に関与している可能性が示唆されています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C
HLDA6
3A6
(IgG1マウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM A22361 ¥48,000 データシート
正常末梢血(全血法)をA22361で染色。

正常末梢血(全血法)をA22361で染色。

3A6抗体は、CD6発現COS細胞と胸腺上皮細胞の接着実験でCD6とCD166の結合をブロックします。
この抗体は、第6回HLDAにおいて、CD166に分類されています。