抗ヒトCD抗体

KAR p50.3CD158i

CD158i(p50.3)は分子量50kDaの単鎖膜貫通糖タンパクです。このタンパクは、クラスⅠMHC分子に対するNKレセプタのファミリーに属しています。別の命名法に従うと、CD158iはKIR2DS4となります。これらの頭字語は、Killer cell Immunoglobulin-like Receptor(KIR)で細胞外領域にIg様ドメインが2個存在し(2D)、細胞内末端が短い(S)ことを表しています。CD158i分子は、細胞外に2個のIg-C様ドメインを持ちますが、細胞内末端のITIM(Immunoreceptor tyrosine-based inhibition motif)モチーフを欠き、膜貫通部位に荷電したアミノ酸残基が存在します。CD158i(p50.3)は、HLA-Cw3スーパータイプの認識とNK細胞の活性化に関与しているものと思われます。抗体によるCD158i(p50.3)分子のクロスリンキングにより、活性化初期のイベントと後期のエフェクター機能の両方がみられます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,I
HLDA7
FES172
(IgG2aマウス)
PE 50テスト 液状 IOTest FCM IM3337 ¥59,000 データシート
APC 50テスト 液状 IOTest FCM A60796 ¥60,000 データシート
正常末梢血(全血法)。CD3-FITC、IM3337、CD56-PC5の3重染色を行い、CD3陰性のリンパ球にゲート設定。

溶血させた正常全血サンプル

FES172抗体はNK細胞のサブセットに反応します。しかし、p50.3抗原の発現は一部の個体のみに認められ、ほかのp58 KIR(KIR2DL)分子が共発現しています。