抗ヒトCD抗体

GL183(p58.2/p.58.3/p50.2)CD158b1/b2,CD158j

CD158b1、CD158b2及びCD158j分子は、様々なフォームが存在する単鎖膜貫通糖タンパクです。CD158b1(p58.2)とCD158b2(p58.3)は分子量58kDa、CD158j(p50.2)は分子量50kDaですが、細胞外領域は相同で、膜貫通部と細胞内領域が異なります。CD158b1とCD158b2は同じ遺伝子座のアレルの違いによるものです。別の命名法に従うと、CD158b1(p58.2)はKIR2DL2、CD158b2(p58.3)はKIR2DL3、CD158j(p50.2)はKIR2DS2となります。これらの頭字語は、Killer cell Immunoglobulin-like Receptor(KIR)で細胞外領域にIg様ドメインが2個存在し(2D)、細胞内末端が長い(L)か短い(S)かを表しています。細胞内末端の長いCD158b1/b2(p58.2/p58.3)は、2個のITIM(Immunoreceptor tyrosine-based inhibition motif)モチーフを含み、タンパクチロシンフォスファターゼSHP-1もしくはSHP-2の活性化を介して抑制性のシグナル伝達に関与する抑制性のフォームです。一方の活性化フォームであるCD158j(p50.2)は、これらのITIMモチーフを欠いています。CD158b1/b2(p58.2/p58.3)は、HLA-Cの1群(Cw1、Cw3、Cw7、Cw8スーパータイプ)に対する抑制性のレセプタです。抑制効果は、p50.2活性化レセプタによる活性化より優位に働きます。CD158b1/b2とCD158jは、細胞外からは区別することができません。これらの分子は、NK細胞のサブセットと、主にCD8+フェノタイプの末梢T細胞の亜分画に発現しています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
B,C,I,W
HLDA6,HLDA7
GL183
(IgG1マウス)
精製 0.2mg 凍結乾燥 -(azide free) IM1846 ¥43,000 データシート
PE 50テスト 液状 IOTest FCM IM2278U ¥55,000 データシート
PC5.5 50テスト 液状 IOTest FCM A66900 ¥62,000 データシート
PC7 50テスト 液状 IOTest FCM A66901 ¥65,000 データシート
APC 50テスト 液状 IOTest FCM A22333 ¥40,000 データシート

GL183抗体は、CD158b1/b2(p58.2/p58.3)とCD158j(p50.2)の両方に反応します。この抗体は、HLA-Cを発現する標的細胞に対するp58.2+ NKクローンの細胞障害能を復元させることができます。

正常末梢血(全血法)

溶血させた正常全血サンプル