抗ヒトCD抗体

BST-1CD157

CD157は、糖鎖に富むグリコシル-ホスファチジルイノシトール(GPI)結合型膜タンパクで、分子量は43kDaです。ヒトBST-1のアミノ酸配列はCD38と33%一致します。CD38と同様に、BST-1はADPリボシルシクラーゼ活性を示し、pre-B細胞の成長を促進します。CD157抗原は、単球、好中球、全てのリンパ系及び骨髄系の前駆細胞に発現します。CD3-CD4-CD8-のT前駆細胞では、CD157抗原の発現が特定の分画(CD44-CD25+及びCD44-CD25-)に限定されます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,E,I
HLDA6
RF3
(IgG1マウス)
FITC 50テスト 液状 IOTest FCM IM2557 ¥47,000 データシート

RF3抗体は、骨髄ストロマ細胞、ヒト臍帯静脈内皮細胞(HUVEC)、U937細胞などに発現するBST-1の細胞外エピトープに反応します。