抗ヒトCD抗体

CTLA-4CD152

CD152抗原(CTLA-4)は、免疫グロブリン・スーパーファミリーに属する膜貫通タンパクで、30kDaのモノマーもしくはジスルフィド結合ホモダイマーとして発現します。T細胞抗原のCD28とホモロジーがあり、CD28と同様にCD80とCD86のリガンドです。CTLA-4は、活性化T細胞で一過性に発現しますが、休止期のT細胞では検出されません。CTLA-4及びCD28は、T細胞の活性化に必要な副刺激に関与します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,Ci,E,F,I
HLDA6
BNI3
(IgG2aマウス)
精製 0.2mg 凍結乾燥 -(azide free) IM2070 ¥48,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM2282 ¥74,000 データシート
IntraPrepで膜透過処理した活性化末梢血リンパ球を  IM2282で染色。非活性化末梢血リンパ球の染色ヒストグラムを白抜きで表示。

JURKAT CTLA4 cell line

IntraPrepTMで膜透過処理することによって、BNI3抗体を用いてフローサイトメトリーによる細胞質内CD152/CTLA-4を検出できます。