抗ヒトCD抗体

CD137

4-1BBまたはILA(Induced by Lymphocyte Activation)としても知られているCD137は、TNF / NGFファミリーに属する39kDaのI型内在性膜タンパク質です。CD137は、活性化T細胞及びB細胞、NK細胞、単球、濾胞樹状細胞に発現しています。differential splicingは、活性化T細胞からの可溶性16kDaの放出をもたらします。CD137は、IL-6、IL-8及びTNF-αの産生の増加、ならびにIL-10産生の阻害を誘導することによって単球活性化に関与します。さらに、CD137はBリンパ球アポトーシスの誘導及びT細胞増殖の共刺激に役割を果たしています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C
HLDA6
4B4-1
(IgG1マウス)
ECD 0.5 mL 液体 IOTest FCM B76262 ¥105,000 データシート