抗ヒトCD抗体

FLT3/FLK2CD135

CD135抗原は、FLT3/FLK2とも呼ばれる分子量130-150kDaの膜タンパクで、レセプタ型チロシンキナーゼ(RTK)ファミリーに属します。細胞外のリガンドに直接結合し、細胞質内領域のチロシンキナーゼ活性を介して調節シグナルを伝達します。CD135抗原は、骨髄単球系の細胞と未分化なB前駆細胞に発現しています。正常な骨髄細胞の場合、CD34+細胞の一部とともに、CD34-細胞にもFLT3/FLK2の発現がみられます。CD34+ CD135+細胞のほとんどは、c-kit(CD117)も強く発現しています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,I,B
HLDA6
SF1.340
(IgG1マウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM2234U ¥87,000 データシート
JEA2細胞をIM2234Uで染色

JEA2細胞をIM2234Uで染色。

SF1.340抗体は、FLT3/FLK2の細胞外ドメインに特異的です。この抗体はFLT3へのFLT3リガンドの結合には競合しません。