抗ヒトCD抗体

B7/BB1CD80

CD80抗原(B7/BB1)は、糖鎖に富む分子量60kDaの単鎖タンパクで、2つのIg様ドメインで構成される細胞外領域を持っています。この分子は、CD86分子とともに、T細胞に発現する構造的によく似た2つの分子、CD28CD152(CTLA-4)のリガンドとして機能します。In vitroで活性化したBリンパ球では、CD80抗原は刺激後24時間で発現がみられ、 48-72時間で最大レベルに達します。末梢血の休止期B細胞の大半はこの抗原を発現せず、すでに活性化しているB細胞のサブポピュレーションで検出されます。この抗原は、HTLV-1でトランスフォームしたT細胞や活性化した単球にも発現します。CD28とCD80の結合により、T細胞活性化の補助刺激シグナルが出されます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F,I
HLDA6
MAB104
(IgG1マウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM1853U ¥69,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM1976U ¥74,000 データシート
APC 0.5mL 液状 IOTest FCM B30642 ¥40,000 データシート
APC-Alexa Fluor 750 0.5mL 液状 IOTest FCM B30643 ¥40,000 データシート
正常末梢血(全血法)

RPMI8866 cell line