抗ヒトCD抗体

AIMCD69

CD69抗原は、Activation Inducer Molecule(AIM)として知られている分子量60kDaのジスルフィド結合ダイマーです。コアタンパクが同じで糖鎖付加の異なる2種類のフォーム(33kDaと27kDa)が共有結合しています。この活性化抗原は、T細胞またはB細胞の活性化後、非常に早い段階( IL-2Rなど他の活性化抗原より前)で発現する細胞表面糖タンパクで、休止期のリンパ球には存在しません。また活性化マクロファージやNK細胞の他、好中球や好酸球、血小板といった細胞にも発現します。PMA、PHA、CD3モノクローナル抗体など様々な活性化因子によって、in vitroでCD69発現を誘導できます。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
A,C,F,I
HLDA4
TP1.55.3
(IgG2bマウス)
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM1943U ¥59,000 データシート
ECD 100テスト 液状 IOTest FCM 6607110 ¥49,000 データシート
PC5 100テスト 液状 IOTest FCM IM2656 ¥69,000 データシート
PC7 100テスト 液状 IOTest FCM A80710 ¥65,000 データシート
APC 100テスト 液状 IOTest FCM A80711 ¥69,000 データシート
活性化した末梢血リンパ球をIM2656で染色

PHA cell line

CD69抗体は、CD4,CD8,CD3抗体との組み合わせて、T細胞活性化の研究に有用です。TP1.55.3抗体は、活性化した末梢血リンパ球から、還元状態および非還元状態で60kDaのダイマーと、27kDaおよび33kDaサブユニットの両方を免疫沈降します。