抗ヒトCD抗体

CGM6CD66b

CD66抗原は、大腸癌細胞より見出された癌胎児性抗原(carcinoembryonic antigen:CEA)に関連した顆粒球特異抗原として報告されました。CEA/CD66遺伝子群は、免疫グロブリン・スーパーファミリーに属します。CD66b(CGM6)抗原は、分子量が約95-110kDaのグリコシル-ホスファチジルイノシトール結合型糖タンパクです。CD66b分子は、好中球のCD11/CD18接着活性調節において、シグナル伝達を介して関与していると考えられています。骨髄球、後骨髄球、好中球及び分葉核好中球に強く発現します。前骨髄球には弱く発現します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,E,F,I,W
HLDA5
80H3
(IgG1マウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM0531U ¥59,000 データシート
APC 50テスト 液状 IOTest FCM B15091 ¥50,000 データシート
APC-Alexa Fluor 750 50テスト 液状 IOTest FCM B08756 ¥52,000 データシート
正常末梢血(全血法)。IM0531Uで染色。 顆粒球にゲート設定。

溶血させた正常全血サンプル

80H3抗体は他のCD66bと同様、末梢リンパ球や単球とは反応しません。