抗ヒトCD抗体

P-selectinCD62P

CD62P(P-セレクチン/GMP-140/PADGEM)は、セレクチンファミリーの分子です。他のセレクチン(CD62E、CD62L)と同様に、CD62P分子は、アミノ基末端のレクチン様ドメインとそれに続くEGFドメイン、 9個のshort consensus repeat(SCR)、膜貫通ドメイン、短い細胞内ドメインで構成されています。CD62P(140kDa)は、巨核球、内皮細胞のWeiBel-Palade体や血小板のα顆粒に存在します。in vivoまたはin vitroでの活性化により、この抗原はそれぞれの細胞の表面に移動します。CD62P分子は、活性化した血小板と顆粒球や単球の接着を媒介します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
B,Ci,F,I,W
HLDA4
CLBThromb/6
(IgG1マウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM A07790
(旧IM1164)
¥64,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM1759U ¥69,000 データシート
正常末梢血から単離した血小板(PRP)をIM1759Uで染色

正常全血由来のPlatelet rich plasma(PRP)

CLBThromB/6抗体は、血小板固定後も保存される、レクチン様ドメインとEGFドメインの中間領域を認識します。この抗体は、細胞接着試験で好酸球への血小板接着を阻害します。