抗ヒトCD抗体

MIRLCD59

CD59抗原は、プロテクチンもしくはMembrane Inhibitor of Reactive Lysis(MIRL)として知られている、分子量18-20kDaのGPI結合型細胞表面タンパクです。CD59分子は、C5b-8もしくはC5b-9複合体に結合し、最終的な膜侵襲複合体(Membrane Attack Complex; MAC)であるC9ポリマーの複合体形成を妨げることで、補体による細胞溶解を防いでいます。CD59分子は、造血系細胞だけでなく、すべての組織の細胞に幅広く発現しています。HIV-1、HTLV-1及びHCMVの補体感受性の研究から、ウィルスによるCD59やCD55などの、宿主細胞由来の補体制御タンパクの取り込みがみられ、各種のエンベロープウィルスが補体媒介性の溶解に対する耐性を獲得する機序の1つと考えられています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C
HLDA5
P282E
(IgG2aマウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM3457U ¥58,000 データシート
C
HLDA4
MEM-43
(IgG2aマウス)
PE 1 mL 液状 IOTest FCM B68140 ¥98,000 データシート
正常末梢血(全血法)

溶血させた正常全血サンプル。