抗ヒトCD抗体

LFA-3CD58

CD58抗原は、糖鎖に富む分子量65-70kDaの膜貫通型もしくはグリコシル-フォスファチジルイノシトール結合型糖タンパクです。Leukocyte-function associated molecule-3(LFA-3)として知られています。 LFA-3分子は、CD2と結合することから、T細胞の接着と活性化を介した様々な免疫応答において重要であると考えられます。この抗原は白血球、赤血球、内皮細胞など、広範に発現します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F,I,B
HLDA5
AICD58
(IgG2aマウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM1218U ¥65,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM1430 ¥73,000 データシート
PC5 100テスト 液状 IOTest FCM IM3702 ¥69,000 データシート
APC 100テスト 液状 IOTest FCM IM3701 ¥69,000 データシート
正常末梢血をIM1430で染色(全血法)

正常末梢血をIM1430で染色(全血法)。

AICD58抗体はLFA-3を介する接着を阻害します。 この抗体は、第6回HLDAでCD58リファレンスモノクローナル抗体(ref.28)として使用されています。

組織反応性 CD58は内皮細胞や結合組織に発現し、また事実上すべての造血系細胞にも発現します。
染色パターン