抗ヒトCD抗体

NK細胞CD57

CD57抗原(HNK-1糖鎖抗原)は、硫酸化したグルクロン酸残基を含むオリゴ糖で、様々なポリペプチドや脂質に結合していると考えられています。末梢血では、ナチュラルキラー活性を持つ細胞サブセットにこの抗原がみられ、単核細胞、主として大顆粒リンパ球(LGL)に限定されています。これらのCD57+細胞の多くはCD8抗原も共発現し、サプレッサー/細胞障害性 Tリンパ球のサブセットです。臍帯血のT細胞やNK細胞は、CD57抗原発現を欠いています。CD57抗原は、赤血球細胞や血小板には発現しませんが、ある種の神経外胚葉組織に発現します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,P,W
HLDA5
NC1
(IgMマウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM0466U ¥59,000 データシート
Pacific Blue 50テスト 液状 IOTest FCM A74779 ¥57,000 データシート
扁桃の胚中心(AEC)

溶血させた正常全血サンプル

組織反応性 NC1抗体はリンパ系組織のNK細胞と反応します。前立腺、中枢および末梢神経系の細胞成分、消化管の神経内分泌系細胞、膵臓のランゲルハンス島、腎盂上皮および尿細管の一部も染色されます。