抗ヒトCD抗体

DAFCD55

CD55抗原はグリコシル-ホスファチジルイノシトール(GPI)結合型の単鎖細胞表面タンパクです。この分子は、転写/翻訳後の修飾により、分子量が55kDa-80kDaの範囲で一定していません。CD55抗原は、Decay Accelerating Factor(DAF)とも呼ばれ、補体の古典的経路または第二経路の調節に関与しています。C3b/C3Bb転換酵素及びC4b/C4b2a転換酵素の他、エコーウィルス、コクサッキーBウィルス、CD97抗原などもCD55と相互作用することが報告されています。また他のGPI結合タンパクと同様に、CD55分子はシグナル伝達に関わる細胞内チロシンキナーゼと会合しています。CD55分子は、白血球、赤血球、血小板を含むヒト細胞に広く発現します。NK細胞では、CD55は弱く発現しています。発作性夜間血色素尿症(PNH)などのGPIアンカー欠損例では、CD55の発現に影響を受けていることが報告されています。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F,I
HLDA6
JS11KSC2.3
(IgG1マウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM2725 ¥56,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM2726 ¥64,000 データシート
赤血球をIM2726で染色

赤血球をIM2726で染色。