抗ヒトCD抗体

VLA-4αCD49d

CD49d抗原(インテグリンα4鎖)は、分子量130kDaのインテグリン β1鎖(CD29分子)もしくはインテグリンβ7鎖と非共有結合的に会合し、前者ではVLA-4複合体(α4/β1)を形成します。CD49d抗原は、ジスルフィド結合を含まない分子量145kDaの膜貫通型糖タンパクです。インテグリンβ1鎖もしくはβ7鎖との複合体は、フィブロネクチンやVCAM-1への細胞接着のみならず、白血球の細胞間相互作用にも関与しています。CD49d抗原は、単球、リンパ球、好酸球、胸腺細胞、ランゲルハンス細胞に発現します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
B,C,F,I
HLDA4
HP2/1
(IgG1マウス)
精製 0.2mg 凍結乾燥 -(azide free) IM0764 ¥49,000 データシート
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM1404U ¥74,000 データシート
APC 50テスト 液状 IOTest FCM B01682 ¥50,000 データシート
APC-Alexa Fluor 750 50テスト 液状 IOTest FCM B16893 ¥52,000 データシート

HP2/1抗体はVLA-4とVCAM-1の相互作用をブロックします。HP2/1抗体は、第6回HLDAでCD49dリファレンスモノクローナル抗体(ref.21)として使用されています。

扁桃の胚中心(AEC)

溶血させた正常全血サンプル

組織反応性 新鮮または培養リンパ球の大部分、胸腺細胞、単球、好酸球がHP2/1抗体で染色されます。
染色パターン