抗ヒトCD抗体

B細胞CD37

CD37抗原は、分子量40-52kDaを持つ単鎖膜貫通型分子で、4つの膜貫通ドメインがあります(テトラスパン/TM4SF)。細胞内部にNH2末端およびCOOH末端の両方があり、細胞外ループの1つには多数の糖鎖が付加しています。この抗原は、疎水性残基の割合が高い(45%)ことが主な特徴です。ヒト末梢血B細胞および胚中心のB細胞に強く発現します。B細胞の個体発生においてこの抗原の発現は遅く、pre-B期の後になります。また形質細胞には発現しません。CD37抗原はT細胞や顆粒球、単球では弱く発現します。他の種類の細胞、例えばランゲルハンス細胞やマクロファージ、normal medullar granulous cells、末梢血多核白血球などにも弱い反応性を示します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F,I
HLDA3
BL14
(IgG1マウス)
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM0457 ¥59,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM IM0458 ¥69,000 データシート
組織反応性 BL14は、胚中心、濾胞のマントル層および濾胞外領域のB細胞と反応しますが、形質細胞とは反応しません。T細胞、単球、好中球と弱く反応します。
染色パターン