抗ヒトCD抗体

CR1CD35

CD35抗原は、多型性のある分子です。分子量160、190、220、250、285kDaの様々なアロタイプが報告されています。Complement Receptor Type 1(CR1)として知られており、C3b,C4b,iC3bに対する親和性があります。顆粒球(好塩基球を除く)、Bリンパ球、単球、NK細胞の一部、赤血球に発現します。CD35抗原は補体で覆われた粒子の貪食作用を媒介します。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
B,C,E,F,I,P
HLDA3
J3D3
(IgG1マウス)
精製 0.2mg 凍結乾燥 -(azide free) IM0195 ¥73,000 データシート
FITC 100テスト 液状 IOTest FCM IM1836 ¥65,000 データシート
反応性リンパ節の濾胞(AEC発色)

反応性リンパ節の濾胞(AEC発色)

J3D3は、古典的経路または第二経路において、CR1によるC3転換酵素部位の分解作用を阻害します。また、リンパ球のC3b依存性のロゼット形成を抑制します。

組織反応性 J3D3はBリンパ球、単球、骨髄細胞、反応性濾胞の樹状細胞、腎臓のpodocytesと反応します。
染色パターン
正常末梢血(全血法)

正常末梢血(全血法)IM1836で染色。