抗ヒトCD抗体

胸腺細胞、指状突起細胞CD1a

CD1a分子は分子量49kDaの膜糖タンパクであり、β2-ミクログロブリンと会合して発現します。この抗原は、皮質胸腺細胞に強く発現し、ランゲルハンス細胞や指状突起細胞にもみられます。CD1a抗原はB細胞サブセットにも存在します。CD1a抗体は胸腺期T細胞の同定に有用です。

アプリ
ケーション
クローン
(アイソタイプ)
標識 容量 形状 製品タイプ 用途 製品番号 価格 体診 データ
シート
C,F,I
HLDA1
HLDA1 SFCI19Thy1A8
(T6)

(IgG1マウス)
RD1 100テスト 液状 COULTER CLONE FCM 6603185 ¥93,000 データシート
C,F,I
HLDA3
BL6
(IgG1マウス)
FITC 1mL 液状 IOTest FCM B25330 ¥30,000 データシート
PE 100テスト 液状 IOTest FCM A07742
(旧IM1942)
¥69,000 データシート
PC5 100テスト 液状 IOTest FCM IM3610 ¥69,000 データシート
APC 100テスト 液状 IOTest FCM IM3645 ¥69,000 データシート
Histiocytosis X(AEC発色)

Histiocytosis X(AEC発色)

T6抗体は、第6回HLDAでCD1aのリファレンスモノクローナル抗体として使用されています(ref.6T-CD1.7)。BL6抗体はCD1a分子のCエピトープを認識します。

組織反応性 O10は皮質胸腺細胞、指状突起細網細胞、ランゲルハンス細胞と反応します。
染色パターン
溶血させた正常全血サンプル

溶血させた正常全血サンプル