FCM解析が体験できる 悪性リンパ腫 症例集

症例.2

年齢 80歳代、女性
現病歴 11ヶ月前に右耳下腺の腫脹を指摘、ABCにて悪性所見を認めなかった。その後も両顎下LNが腫れたり縮んだりしていた。1ヶ月前から、腰椎左圧迫骨折にて腰部脊柱管狭窄症にて当院受診中。腰部MRIにて傍大動脈に最大25mmのLN多発、脾臓も脾腫と脾腹側へ突出する径10cmの腫瘍を認め、耳下腺の腫脹も次第に増大し、耳鼻科紹介受診。左頚部リンパ節1-2cm、右2.5cm大。MLの精査。
血液学所見

19リストモードデータファイル (圧縮ファイル 1.6MB)

リンパ節から回収した浮遊細胞のサイトスピン標本