フローサイトメーターによる悪性リンパ腫の解析 -A to Z-

1. はじめに

【1】悪性リンパ腫について(FCMの情報の重要性は年々増大している)

悪性リンパ腫は、一般に分化成熟したリンパ球の腫瘍である。リンパ球は本来活性化に伴い細胞形態を大きく変化させるため、細胞像による腫瘍性の判断は困難であることが多い。一方、病型分類は①形態学的情報、②臨床像、③免疫学的情報、④分化発生学的情報、⑤分子細胞遺伝学的情報による腫瘍発生メカニズムが加味され、現在も改変が続いている。その中で免疫学発展の原動力は、1970年代後半からのモノクローナル抗体およびFCMの開発と普及であり、1980年代後半からはT,B,NK等の細胞帰属による分類が、さらに1990年代中頃には、分化発生学的段階や機能を基にした疾患単位が確立してきた。

このように最近では、病理組織学的に加え細胞起源と発生生物学的な分化に基づいたREAL分類やその改変である新WHO分類が提唱され、病理組織検査に加え、免疫組織およびFCMを用いた免疫学的検索、さらには分子・細胞遺伝学的検索の重要性が増している。また、本邦においては年々増加傾向にあり、臨床的にも注目すべき疾患である。(資料:検査手順)

WHO分類(2008)

1)
Myeloproliferative neoplasms
2)
Myeloid and lymphoid neoplasms with eosinophilia and abnormalities of PDGFRA, PDGFRB, or FGFR1
3)
Myelodysplastic/myeloproliferative neoplasms
4)
Myelodysplastic syndromes
5)
Acute myeloid leukemia (AML) and related precursor neoplasms
6)
Acute leukemias of ambiguous lineage
7)
Precursor lymphoid neoplasms
  • ・B lymphoblastic leukemia/lymphoma, NOS
  • ・B lymphoblastic leukemia/lymphoma with recurrent genetic abnormalities
  • ・T lymphoblastic leukemia/lymphoma
8)
Mature B-cell neoplasms
  • ・Chronic lymphocytic leukemia/Small lymphocytic lymphoma
  • ・B-cell prolymphocytic leukemia
  • ・Splenic marginal zone lymphoma
  • ・Hairy cell leukemia
  • ・Splenic B-cell lymphoma/leukemia, unclassifiable
  • ・Lymphoplasmacytic lymphoma
  • ・Heavy chain diseases
  • ・Plasma cell neoplasms
  • ・Extranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue (MALT lymphoma)
  • ・Nodal marginal zone lymphoma
  • ・Follicular lymphoma
  • ・Primary cutaneous follicle center lymphoma
  • ・Mantle cell lymphoma
  • ・Diffuse large B-cell lymphoma (DLBCL), NOS
  • ・DLBCL associated with chronic inflammation
  • ・Lymphomatoid granulomatosis
  • ・Primary mediastinal (thymic) large B-cell lymphoma
  • ・Intravascular large B-cell lymphoma
  • ・ALK-positive large B-cell lymphoma
  • ・Plasmablastic lymphoma
  • ・Large B-cell lymphoma arising in HHV8-associated multicentric Castleman disease
  • ・Primary effusion lymphoma
  • ・Burkitt lymphoma
  • ・B-cell lymphoma, unclassifiable, with features intermediate between DLBCL and Burkitt lymphoma
  • ・B-cell lymphoma, unclassifiable, with features intermediate between DLBCL and classical Hodgkin lymphoma
9)
Mature T- and NK-cell neoplasms
  • ・T-cell prolymphocytic leukemia
  • ・T-cell large granular lymphocytic leukemia
  • ・Chronic lymphoproliferative disorder of NK cells
  • ・Aggressive NK cell leukemia
  • ・Epstein-Barr virus (EBV) positive T-cell lymphoproliferative diseases of childhood
  • ・Adult T-cell leukemia/lymphoma
  • ・Extranodal NK/T-cell lymphoma, nasal type
  • ・Enteropathy-associated T-cell lymphoma
  • ・Hepatosplenic T-cell lymphoma
  • ・Subcutaneous panniculitis-like T-cell lymphoma
  • ・Mycosis fungoides
  • ・Sezary syndrome
  • ・Primary cutaneous CD30 positive T-cell lymphoproliferative disorders
  • ・Primary cutaneous peripheral T-cell lymphomas, rare subtypes
  • ・Peripheral T-cell lymphoma, NOS
  • ・Angioimmunoblastic T-cell lymphoma
  • ・Anaplastic large cell lymphoma, ALK positive
  • ・Anaplastic large cell lymphoma, ALK negative
10)
Hodgkin lymphoma
  • ・Nodular lymphocyte predominant Hodgkin lymphoma
  • ・Clasical Hodgkin lymphoma
  • Nodular sclerosis classical Hodgkin lymphoma
  • Mixed cellularity classical Hodgkin lymphoma
  • Lymphocyte-rich classical Hodgkin lymphoma
  • Lymphocyte-depleted classical Hodgkin lymphoma
11)
Immunodeficiency-associated lymphoproliferative disorders
12)
Histocytic and dendritic cell neoplasms

NOS, not otherwise specified.

生検組織の検査手順

◎生検組織の採取(手術室)
<組織を滅菌生食ガーゼで包み移動>
◎病理組織検査室
組織の分割
細胞診(スタンプ標本)
病理検査
(ホルマリン固定・凍結保存)
FCM・染色体・遺伝子検査
電子顕微鏡検査
病理組織検査
<抗生物質入りPBSにて移動>
◎FCM・染色体・遺伝子検査室
組織のミンス
生細胞率のチェック(細胞の観察)
組織の分配
Flow-cytometry
染色体・FISH検査
遺伝子検査
凍結細胞保存
○ Flow-cytometry(1x107個の生細胞)
血清の遠心洗浄・赤血球の溶血除去
スメアー標本作製
スメアー標本観察
異常細胞の有無と量
異常細胞の特徴
混入細胞の割合と量
(サイトグラムの予想)
マーカーの選択と組合せ
DNA ploidyの検索
マーカー検査(非特異反応のBlock)
結果の解析
・FCM的診断
・検査方針の決定
FISHの必要性・項目選択
遺伝子検査の必要性・項目選択